薄毛の治療は飲む育毛剤と塗る育毛剤

酒や煙草が抜け毛の原因!!

男女ともに薄毛に悩む人が年々増加しています。
薄毛の原因は男女で異なる部分もありますが主にホルモンバランスの乱れやタバコ、過度のアルコール摂取、間違ったヘアケア、紫外線、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが原因で薄毛を発症することが明らかになっています。

食生活や生活習慣を見直そう!

これらの薄毛の原因から分かるように薄毛を改善するためには、食生活や生活習慣を見直すことで改善されることもあります。
しかしホルモンバランスの乱れによる薄毛の場合は、専門のクリニックでの治療が必要になりますが、女性特有の妊娠や出産などによって女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することでおこる薄毛の場合は、ホルモンバランスが整えば自然に薄毛が改善されますので特に治療の必要はありません。

治療が必要な薄毛は男女で異なる

治療が必要なタイプは、女性では閉経後のホルモンバランスの乱れからくる薄毛と男性の場合の男性ホルモンのテストステロンの過剰分泌からくる薄毛です。
女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンを補充する方法を中心に飲む育毛剤の内服薬と塗る育毛剤の外用薬で改善することができます。男性の場合は内服薬と外用薬による治療が中心となります。

頭皮ケアが効果的なのは男女共通

そして男女ともに髪の毛の土台である頭皮を健康にするために、育毛シャンプーなどの使用も効果的です。
治療期間は薄毛の進行具合によって異なりますが、3ヶ月目くらいで効果が現れ始め6ヶ月〜1年の間でほとんどの人が発毛を実感できると言われています。
このことから薄毛が気になったならば早めに専門のクリニックで治療を行うか、専門のクリニックに行くことに抵抗があるという人は、個人輸入などでクリニックで処方してもらう内服薬と外用薬を購入することもできます。
薄毛の治療は根気よく続ける事がポイントです。